中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

馬鹿妖蛇川柳

馬鹿妖蛇(別名:花妖蛇)さんの川柳をみんなで作りました。

ご堪能ください。
続きを読む>>

北海道的中笨蛋・生日快楽!

ちょっと野暮用が出来て、これから北京に行って来ます。
でも土日も仕事の予定なんで、ネタ探しの時間はないかもしれません。
続きを読む>>

やけ酒花妖蛇

そんなに酒癖は悪くないと思うんですが、なぜか酒が入るとやたらと写真に写りたがるのが元祖上海おやじの花妖蛇です。

この日は愛しの彼女との再会が叶わぬことが判明し、やけ酒を食らっていましたが、途中からへべれけになり、単なる酔っぱらいおやじに成り下がってしまいました。
続きを読む>>

再会!

2000年10月~2001年1月の3ヶ月間、上海・中山北路803号で駐在をした花妖蛇さん、今年二度目の上海で思い出探しに余念がありません。

かつての彼女との再会はなったのでしょうか?
続きを読む>>

筆談

漢字は便利ですよね。

発音がわからなくても、漢字が書ければ日中間のコミュニケーションが取れます。
続きを読む>>

ヤッターマン

3ヶ月ぽっきりの中山北路803での仕事を終え、ヤッターマンは明日帰任します。

東北生まれの東北育ちですが、なぜか職場は札幌で、北海道の大馬鹿中馬鹿を師匠と仰いでおりました。
続きを読む>>

こんな人もいます

本日は天安門事件16周年です。もう16年も経ったんですね。

さてこれまで上海でずっこけたおやじ達ばかりを紹介してきましたが、「田中の友人は変な奴ばかり」と思われるのもいやなので、上海で頑張っている人も紹介したいと思います。
続きを読む>>

大馬鹿、上海奇行(総括)

今時「総括」という言葉など遣いませんが、今回のBさんこと花妖蛇氏の上海奇行を、中山北路803勤務のDさんからの視点を交えながらまとめてみます。
続きを読む>>

二代目三拍子

Dさん(日本語読みではHさん)は、本日現在、上海中山北路803号で仕事をしている方で、3ヶ月期間限定の日雇いみたいな仕事をしています。

2002年夏に初めて上海に来て以来、今回が3度目の3ヶ月出張です。
続きを読む>>

大馬鹿、ガードが甘い!

4年ぶりの再会で楽しい一時を過ごしたBさんは、二晩続けて遊びに行きました。
続きを読む>>

大馬鹿、感動

大馬鹿ことBさん、スイートメモリー上海二日目です。

昨晩は4年半ぶりの上海の夜をすっかり堪能したBさん。
この4年という月日はあっという間にすぎさりましたが、決して短い時間ではありません。
続きを読む>>

大馬鹿、4年ぶりに上海再上陸

大馬鹿と言っても北海道の大馬鹿ではなく、台湾で大馬鹿とあだ名されているBさんのことです。

5月18日?21日まで、スイートメモリ・上海へ4年ぶりの出張です。
彼女はどうしているだろうか?と考えるだけでにやけてしまう大馬鹿です。
続きを読む>>

国際結婚

5月18日、遂に5000ヒットを突破しました!
この日は図らずも日本に帰任した三周年です。なんか不思議な縁を感じます。

さて、田中が上海駐在中に知り合い、親しくお付き合いさせて頂いた同僚・友人の内、5人の日本人が国際結婚をされました。

国際結婚をした友人のHPもご参照ください。
続きを読む>>

今時、パスポートなんか忘れないよ

以前上海おやじ列伝で紹介したBさんですが、台湾でドラマを作ってくれました
続きを読む>>

北海道の小馬鹿

ようやく暖かくなってきましたね。
本日、TMWeblogさんで紹介されている深川ロールを買ってきました。とっても上品なお味です。

さて、北海道シリーズのトリは小馬鹿です。
続きを読む>>

北海道の中馬鹿

北海道の大馬鹿は酒と女と中国でしたが、中馬鹿は酒だけです。
女っ気は全くありません。
続きを読む>>

北海道シリーズ

私の回りには何故か北海道出身者がたくさんおりました。
北海道の大馬鹿・中馬鹿・小馬鹿の3名と、ゴルフの師匠です。
北海道の三馬鹿の共通点は、とてつもなく酒癖が悪いことです。
続きを読む>>

純愛を語るおやじ

今回は、Aさんに登場してもらいます。
本名は「二(に)」で始まるんですが、中国語が下手で、自分を「アル●●」と呼んでおりました。正しいピンインでしたら、Eさんですが敢えてAさんとします。

Aさんは、
続きを読む>>

三拍子そろったおやじ

私は、1996年?2002年まで上海におりましたが、98年あたりから日本人出張者・駐在員が急激に増加し始め、にわか中国専門家が横行するようになりました。

同時に、なぜか上海が大好きになるおやじ達も現れ、私の回りではいつも評判になっておりました。
若干内輪向けの内容ですが、「上海おやじ列伝」を始めてみようと思います。
続きを読む>>
1/1