中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

これまた恐ろしい事件

来年には世紀のオリンピックを迎える北京ですが、いまだにこんな前近代的な事件が起きているとは...

全く恐ろしいです。
北京でまた…武装集団100人、マンション反対住民を襲撃

【北京=野口東秀】北京市朝陽区北沙灘でマンション建設で環境悪化を懸念し建設に反対する住民をスコップや鉄パイプを持った約100人の集団が襲撃、住民8人が重軽傷を負う事件が発生した。28日の中国紙「新京報」は襲撃の瞬間や血を流して横たわる住民の写真を掲載した。

住民によると、開発業者は、5階建てのマンション建設を計画。これに対し住民約300人が反対してきた。今月24日、工事を強行しようとした業者側と住民が衝突し、その後、集団が住民を襲撃したという。

北京市朝陽区でも今月初旬、棍棒などで武装した100人近い集団が、立ち退きを拒んでいた住居20数戸を夜中に襲撃した。
(2007/05/30 01:02) Sankei WEB より

Comments

Comment Form

Trackbacks

中国の問題
中国の存在感が増すにつれて、中国の人権侵害、無法ぶりがクローズアップされて いる
TMweblog | 2007/06/02 09:30 PM