中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

オリンピックスタジアムの悩み

温家宝首相が来日し、新たな日中関係への期待が開けたような気がしますが、同時に来年2008年北京オリンピックもいよいよという感じがします。

さて先般もやれるものならやってみろと発言しましたが、シンボルであるオリンピックスタジアムが維持出来ないとの理由からいろいろと動きがあるようです。
1年前までは超先進!、中国のデザイン力もここまで向上した!などといろんな所で賞賛されていたスタジアムでしたが、やっぱり中国!って感じがしないでもありません。

かつては「安物買いの銭失い」と言われることが多かったのですが、木を見て森を見ずというか無用の長物というか、目先のメンツや虚栄に心を奪われてしまう傾向は変わりません。
(日本の政府も似たようなこといっぱいしていますけどね...)


北京五輪苦肉の命名権 スタジアム維持費年7.5億円
【北京=福島香織】来春竣工(しゅんこう)予定の北京五輪のメーンスタジアム「国家体育場」(愛称・鳥の巣)の経営権をもつ国家体育場有限公司の張恒利・副社長は五輪の終了後、スタジアムの命名権などを企業に売り出す方針を明らかにした。10日付の中国紙「新京報」などが伝えた。スタジアムは凝りすぎたデザインが災いして維持費がかかり、経営難が今から予想されているためだ。

「鳥の巣」は総建設費約30億元(約450億円)で、政府が58%、民間企業連合が42%出資し、金融業「中国中信集団」などの共同企業体が建設にあたっている。同時に民間企業側が設立した国家体育場有限公司には30年の経営権が与えられている。

ただ、鉄骨が鳥の巣のように組まれた構造は、定期的にメンテナンスしなければ腐食の心配もあり、維持費に年間4000万~5000万元かかる「金食い虫」になるという。広告やチケット売り上げなどでは到底まかないきれないとみられ、すでにどう投資を回収するかが悩みの種だ。

命名権を買い取った企業は、企業名や自社商品の名前を「国家体育場」につけて用いることができる。このほか、選手入場ゲートの命名権や観客席の命名権も売るという。しかし、この商業主義が「五輪の神聖な意義を傷つけるのではないか」(毎日新報)など批判も出ている。

張副社長は「(体育場内に)サウナセンターをつくればもうかるが、そうしようといっているわけではない。でも運営に失敗して、露天の野菜市場にしてしまうよりはましだろう」と、中国メディア上で反論している。

■命名権(ネーミングライツ) 競技場の名称に企業名や製品の名をつける権利。建設費や維持費を得ることを目的にしており、米国ではメジャーリーグの球場などで頻繁に行われている。日本では平成15年、東京都調布市の「味の素スタジアム」が先駆けとなり、グリーンスタジアム神戸が「ヤフーBBスタジアム」から「スカイマークスタジアム」となるなど利用例が増えている。
(2007/04/11 08:11)Sankei WEB より

Comments

スーパーコピー時計
弊店はスーパーコピー時計N品
正規品と同等品質のコピー品を低価でお客様に提供します。
安心して購入して下さい。
自身が使用するだけでなく、入学、卒業、誕生日、結婚のお祝い等のギフトにもご利用ください。
2019/06/28 03:39 PM
スーパーコピー アクセサリー 激安 イヤリング
ブランドスマホケース/カバー激安通販ショップ
ご来店いただき誠にありがとうございます。
当店では「信頼第一、サービス第一」をモットーに、お客様第一主義で営業しております。取扱商品としては、iPhoneスマホケース、iPadケース、SAMSUNG GALAXY スマホケース、バッテリー&充電器や、関係する物などです。皆様のニーズにお応えすべく各種製品を取り揃えております。
ごゆっくりお買い物をお楽しみください。皆様のお求めになりたい商品がきっと見つかります。
休業日: 365天受付年中無休
2019/05/08 02:49 AM
BlogPetの多拿花君
きのう、維持するつもりだった。
きょうは上海君は温に上海君が北京まで上海君は関係しないです。
2007/04/14 12:53 PM

Comment Form

Trackbacks