中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

サントリー烏龍茶

大陸ではサントリー烏龍茶が結構健闘しており、いろんなところで見かけることをご紹介したことがありましたが、台湾では大陸とは違った烏龍茶文化があるためかサントリー烏龍茶は見かけることがありません。(でもなっちゃんとかアミノ式とか氷結とかはありましたけど)
しかし、ついに台湾にサントリー烏龍茶がデビューしていました。
サントリー烏龍1
でも台湾で生産したものではなく、日本から輸入したものですが、値段が35元(1元35円で計算しても約120円)と、日本の標準価格より全然安いです(台湾での飲料水が30元前後ですから、ちょっと高めかな?)。

裏には、この前紹介した明治チョコレートと同じように製品説明がシールで貼っています。
サントリー烏龍2
単なる原産地・成分の説明だけでなく、ご丁寧な説明がされています。

この製品は、日本で4年の研究を経て、日本の厚生労働省より特定保健用食品の認証を取っている。この製品は医薬用品ではなく、パッケージに書かれている内容は日本国内の話で、台湾では関係ない、
という様な説明がついていました。

そんなことはどうでも良いですが、普通の烏龍茶ではなく、健康に良い特別な烏龍茶ということで、台湾市場での反応をはかろうとしていると思います。
もし今後コマーシャルを流すとすれば、日本と同じコマーシャル(中国語で話していますが)を使うかもしれませんね。

Comments

Comment Form

Trackbacks