中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

小背婁(しあお・ぺい・ろう)

昨日紹介したシシカバブもどきは、実は、北海道の中馬鹿さんが大嫌いだというキノコでした。
私がまだ上海にいた5年くらい前にはキノコ鍋が社会に認知され、上海では大流行でした。

わずか一、二年で一時のブームは去り、私の古巣上海ではキノコ鍋店が減っていき、今では数店舗しかないようです。

しかし先日北京で行った小背婁(婁は日本語にない漢字を使っています)は、流行が去った現在でも人気の店で、日本人客も結構多いとのことです。

こてこて中華ばかり食べているとこの様なさっぱりしたキノコ鍋は非常に美味しく感じます。

見てください。このキノコの山を。全部キノコです。松茸も並んでいます。
キノコづくし
キノコづくし2

でも、北海道の中馬鹿さんは、きっと気持ち悪がっていることでしょう。

Comments

多拿花
きのこっていろんな種類があるんですね。どれもとっても良いにおいで美味しかったです。またベースのスープもなかなかでした。
脂っこい中華ばっかり食べていたので、本当に健康的な食事でした。
2006/09/04 09:32 AM
北海道の中馬鹿
見てはいけないものを見てしまいました。
2006/09/04 12:08 AM

Comment Form

Trackbacks