中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

シシカバブ?いえ違います

以前にもシシカバブを紹介したことがありますが、私はシシカバブが大好きです。北京での看板を見るとついつい食べたくなります。

ご存じの通りシシカバブは羊の肉に新疆の香辛料をたっぷりとかけ、焼き鳥のように串刺しにして焼いて食べるものですが、肉よりも香辛料の味とにおいを忘れられません。


ちなみに私は日本でもジンギスカンをよく食べにいきますが、最近は羊付け状態になっています。
さて、これは見るからにシシカバブですが、実は違います。香辛料はシシカバブと同じものを使っており、一口食べた時はシシカバブと思いましたが、全体的に柔らかく、油が全然ありません。
何?

さて一体何でしょうか?
答えはこちらです。

Comments

Comment Form

Trackbacks