中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

西安(清華池)

当時中国人は風呂に入る習慣があったかどうか分かりませんが、
唐の玄宗皇帝愛してやまなかった楊貴妃が入ったという風呂のことを清華池と呼びます。

清華池

今でこそ噴水とか作って観光地化しているものの、昔は汚い銭湯という感じでした。

楊貴妃はライチが好きだったそうですが、玄宗皇帝は毎日南方からライチを取り寄せた等の逸話も残っています。

名花傾国という言葉も、楊貴妃が最初です(李白・清平調)。

また(若干事実を隠しているものの)玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンスを歌った長恨歌(白居易)なんかも有名です。

楊貴妃像
▲おそらく現在の基準で作った美人像だと思います。実際はもっと違った感じだと想像します。

また、このすぐ裏にある驪山でいわゆる西安事変がおきました(1936年12月、蒋介石を監禁して、第二次国共合作を実現させた事件)。

Comments

Comment Form

Trackbacks