中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

小籠包

そういえば、今回の出張では小籠包も食べました。

小籠包と言えば、上海・台湾・香港等で有名な焼売ぐらいの大きさの肉まんのことです。

挽き肉がジューシーな肉汁と一緒に包まれており、食べる時にはやけどをしないように注意が必要なことは、皆さんもご存じだと思います。
上海では南翔小籠包が有名で、台湾では鼎泰豊という店が有名ですが、台湾の鼎泰豊は予約が出来ないのでいつも行列が出来ることでも有名です。

その鼎泰豊の元コックがいるという店に行きましたが、最高においしいです。
日本のガイドブックを持った日本人観光客もたくさん来ていますし、駐在員も一杯います。
京鼎楼

京鼎楼の小籠包の料理場です。
調理場
見たくもありませんが、道に面しており、ついついのぞきたくなります。

小籠包以外にも、チャーハン・野菜炒め・ラーメン等もあり、誰でも気楽に入れる店です。
高麗菜

Comments

多拿花
小籠包を作るのはそれほど難しい技術はいらないと思いますが、パリに出店できれば大もうけ出来るかも知れません。

ちなみに、鼎泰豊は、中国・東京・ニューヨーク・シンガポール・香港にありますが、次の進出先はヨーロッパですよ、きっと。
2006/05/17 08:23 AM
take_uu2004
南翔小籠包、懐かしいですね。鼎泰豊は上海にも出店していました。おいしかったですね。
パリにもこれだけ中国人が増えているのですから、おいしい有名店が出店してくれるといいのですが・・・。
2006/05/17 02:09 AM

Comment Form

Trackbacks