中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

ヤッターマン

3ヶ月ぽっきりの中山北路803での仕事を終え、ヤッターマンは明日帰任します。

東北生まれの東北育ちですが、なぜか職場は札幌で、北海道の大馬鹿中馬鹿を師匠と仰いでおりました。
26歳・独身そして北海道勤務というだけで、赴任前から我らの仲間内ではヒーローで、気がついたらヤッターマンと呼ばれていました。そして期待通り、赴任早々から数多くの伝説を残してくれました。

ヤッターマンを一言で紹介するとすれば「ざるの様な経済感覚」です。
財布から金が無くなるまで使い切ります。1000元でも5000元でも、一旦飲み始めると、一晩で無くなっていまいます。彼には無駄遣いという概念が無いようです。飲んでいるときはヤッターマンだ!と大船に乗っている感じですが、翌朝財布の金がなくなっているのを見て、ヤラレターマン!と唸っていました。

またとにかく「ノリノリ」です。
誘われたらどんなに忙しくてもどんなに遅くても絶対に行ってしまいます。初めての店だろうが、どんな場所だろうが、恐れを知らず、どんどんと突き進んでいきます。ゴルフも一度もクラブを握ったことがないのにもかかわらず、いきなりコースに出てしまいます(ちなみにボールを40個用意したが終わったときには2個しか残ってなかったそうです)。ヤッタルゼーマンに変身して、なんでもまずやってやる!という強い信念を持っています。

最後に、当BLOGをにぎわしている伝説のおやじ達と違い、「小姐には極めて紳士」です。小姐のどんな我が儘な態度にも、おたふくのような顔をした小姐から迫られても、嫌な顔一つせず真面目に話を聞いてやっていました。
そのためか、いつも両手に花状態、時にはお花畑状態でした。土日のたびに小姐に連れられて映画・ショッピング・食事そして同伴出勤です。でもただそれだけなんです。そこから先へは全く進展する気配がありません。とっても清い交際に、周りは彼をヤッテネーマンと名付けました。


そのヤッターマンもいよいよ本日帰国です。
わずか3ヶ月でしたが、非常に良い経験をされたことと思います。

次回は東京で遊びに行きましょう。

Comments

多拿花
昨晩3月16日、北海道に出張の花妖蛇は、ヤッターマンと合流し、上海と同じくらい爆発したそうです。

借金だらけの花妖蛇は、また借金取りにひんしゅくを買うのでした。
2006/03/17 08:09 AM
田中です。
飼い主の田中です。

多拿花君はまだ少しお勉強が足りません。その内語彙が増えてきます。
2005/09/16 01:09 PM
BlogPetの多拿花君
東北で大きい師匠とかを仕事すればよかった?
2005/09/16 09:16 AM

Comment Form

Trackbacks