中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

囲碁

中国の囲碁を少し調べてみました。若手の台頭著しく、非常に活況の様です。
サッカーでは今のところ日本が一歩リードしている感がありますが、囲碁では少し遅れているかもしれません。
私は初心者ですので、囲碁関係については是非ともこちらの「席亭の囲碁日記」さんのBLOGもご参考ください。

さて2000年6月杭州で開催されたある囲碁大会の前夜祭にもぐりこんだ際、片っ端から写真を取らせていただきました。

張璇
張璇
常昊九段の奥様。日本にも滞在したことがあり、日本語が出来ます
兪斌
兪斌
張文東
張文東
曹大元
曹大元


皆さん、穏やかで紳士な方ばかりでした。とても好感が持てる方ばかりでした。

別の時期に上海で開催された囲碁大会では常昊(ちゃん・はお)九段も出席しておりましたが、その時の写真が見当たりません。どこに行っちゃったんでしょう?

Comments

らば
日本酒が好きで、かなりいける口でしたね。
定年直後のころは、ネットで世界中の人と対戦できる囲碁のサイトに入り浸っているということを聞きました。すごいですね。
2005/08/24 01:34 PM
田中です。
そうですね、定年されてもう3年ですが、何されているんでしょう?

普段おとなしいんですが、麻雀の時は愉快になり、囲碁になると真剣になるおじさんでした。
2005/08/22 04:42 PM
らば
囲碁といえば、某社の「日中○○中心」にいた、「植○先生」も囲碁がお上手でしたね。お元気なんでしょうか?
2005/08/22 04:40 PM

Comment Form

Trackbacks