中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

民国100年!新年快楽

気がつけば、新年でした。

台湾では、正月気分なんて全くなく、カレンダー上の休暇は、1日(土)と2日(日)の二日のみ。
12月31日まで仕事し、1月3日から仕事です。


しかし、中華圏の中でも台湾にだけは、ちょっと違った新年を迎えていました。
実は、今年は中華民国100年になります。

つまり1911年の辛亥革命により、清朝が倒れ、中華民国ができ、ちょうど100年にあたります。

普通の人から見れば、「あっ、そう?」で終わるんですが、コンピュータの世界ではちょっと避けて通れない問題がありました。

覚えている方も多いと思いますが、西暦2000年を迎えたとき、Y2K(2000年問題)と呼ばれる問題がありました。

で、台湾では民国100年問題というのが話題になっていました。

残念ながら私は民国100年を迎えた瞬間は台湾にいなかったので、問題が起きたかどうかわかりませんが、特に大きな社会問題はなかったようです。
私の、台湾で貯めた貯金も何事もなく、残っていましたので、ほっと一安心です。

あとは、生きているかどうかわかりませんが、2038年問題というのがあるようです。

2038年は今以上にもっとコンピュータに依存した社会になっていると思われますが、その時までにはこの問題は解決されていることでしょう。。。

Comments

Comment Form

Trackbacks