中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

いつものことですが

オリンピックやワールドカップとなると、どうしても詐欺事件が起きます。

ダマされるのは善良な市民。
ダマされる方が悪いといえばそれまでですが、それにしてもあさましい詐欺行為です。

そう言えば4年前のワールドカップでも大きな詐欺まがいの事件がありました。皆さん、覚えていますか?
W杯ツアー業者雲隠れ 20人計1000万円被害か

2010年5月4日2時1分 asahi.comより

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、現地で応援するサポーター向けに宿泊手配をうたった業者が音信不通になっている。

3日午後、東京・六本木のパブ。若者から中高年までサポーター約20人がテーブルを囲んだ。日本人とみられる男性が運営するサイト「ツールアフリカ」を通じてW杯期間中の宿や送迎ツアーを申し込んだ人たちだ。

サイトを運営する男性は「南ア在住」を名乗り、チケットや往復航空券を持つサポーター向けに宿泊先の提供や周辺観光地をめぐるツアーなどを昨年から募集。「4月末にバウチャー(旅行券)を届ける」としていた。だが4月上旬以降、突然連絡がとれなくなった。

この日集まったサポーターが振り込んだ金額は1人あたり二十数万円から100万円超で、総額は1千万円近くになるとみられる。日本国内でも、南ア国内でも同名の旅行業の届け出はないという。

都内の男性会社員(38)は3月下旬、定期預金を取り崩して2人分計56万円を振り込んだ。2006年のドイツ大会は個人で宿を手配したが、今回は治安が不安でツールアフリカに申し込んだ。連絡が付かなくなったことは、妻には話せないいる。「まだ信じたい気もあるが……」(略)

Comments

BlogPetの多拿花君
上海君と、続きを詐欺したかった。
2010/05/10 03:18 PM

Comment Form

Trackbacks

なくならない闇サイト
インターネット上で詐欺など違法行為への協力者を誘うためにつくられた「闇サイト」。平成19年に闇サイトで知り合った男3人が女性を殺害する事件が起こり、社会問題化しています。現在も、携帯電話から「闇 仕...
出来事デキゴト | 2010/05/31 09:19 PM