中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

上海、禁煙宣言

日本でも台湾でも禁煙区域が広がっていますが、中国もいよいよ始まったという理解で良いんでしょうかね?

どこでもあたりかまわずタバコを吸う「非文明行為」が目立つ中国ですから、徹底的に取り締まってもらいたいものです。

個人的には(最近上海に行く機会は殆どありませんが)、レストランや飲み屋で禁煙にしてもらいたいです。飲み屋に行くと、めちゃくちゃタバコ臭くなって、気持ち悪くなります。

しかし禁煙が進むと北海道の大馬鹿さんや馬鹿妖蛇さんなんかは上海に行きづらくなりますね。
中国:上海が「禁煙都市」に 2万人が監視、罰金も
2010年3月1日 23時35分 更新:3月2日 0時39分 毎日jpより

上海万博を2カ月後に控える中国・上海市は1日、市内のあらゆる公共施設を全面禁煙にする罰則付き条例を施行した。「煙のない万博」を公約する市当局は、市全体を「禁煙都市」にして世界に取り組みをアピールする狙いだ。

上海各紙によると、市当局は、禁煙場所で喫煙する人がいないかどうか監視し、喫煙者に注意する2万人のボランティアを結成する計画。中国の喫煙人口は約3億人に上り、愛煙家からは反発も予想される。

条例施行で上海の学校や病院、行政庁舎のほか、ショッピングセンターや映画館、インターネットカフェなども全面禁煙となる。営業面積150平方メートル以上か座席数75席以上の飲食店については分煙を義務化。ホテルには喫煙しない宿泊客向けの客室を設けるよう義務付ける。

禁煙場所で注意されてもたばこを吸い続けた場合は最高200元(約2600円)の罰金。指定施設が禁煙や分煙の措置を怠った場合は最高3万元の罰金を科す。

万博運営当局は「煙のない万博」実現への強い姿勢を示すため、たばこ会社「上海煙草」が申し出た2億元の寄付金を拒否したことがある。(共同)

Comments

BlogPetの多拿花君
きょう、理解したかった。
2010/03/03 04:44 PM
お気楽泰像
小生はヘビースモーカーですが、分煙は歓迎です。小生は歩きタバコは遣りません。ただレストラン、呑み屋の分煙は必要かも!(禁煙はご勘弁を)
2010/03/03 09:20 AM

Comment Form

Trackbacks