中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

在日中国人労働者

日本で働く中国人はずいぶんと多いんですね。

この不況下で多くの中国人派遣社員が切られているそうですが、日本に根付いている中国人労働者もまだまだ多数いる様です。

日本では中国なしにIT産業は成り立たないとよく言われていますが、末端の派遣社員にはなかなか厳しい環境の様ですね。

ですが、せっかく日本に来て働いたんですから、将来その経験を是非生かしてもらいたいものです。
外国人労働者、4割は中国人!全体の3割超が派遣・請負で働く―日本
モバイル版URL : http://rchina.jp/article/27735.html
2009年1月16日、厚生労働省は外国人雇用状況の統計を発表した。外国人労働者数は48万6398人。国籍別で見ると1位は中国人で43%を占めている。日本の華字紙・日本新華僑報が伝えた。

改正雇用対策法の施行により、事業主は外国人労働者の雇用状況を届け出ることが義務づけられた。法改正により把握された外国人労働者数は2006 年6月の調査(22万3000人)を大きく上回った。08年10月末時点で外国人労働者数は48万6398人。国籍別で見ると、1位は中国人の43%。2 位はブラジル人の20.4%、3位はフィリピンの8.3%と続いている。

業種別では製造業が40%、衣料品業界が20%、外食・ホテル産業が10%となっている。都道府県別で見ると、東京都が最多で11万8488人。 2位が愛知県の6万326人、3位に静岡県、4位に神奈川県が続いた。また外国人労働者の34%が派遣・請負労働者として働いており、その不安定な雇用状況が浮き彫りとなった。(翻訳・編集/KT)
2009-01-19 07:04:12 配信 レコードチャイナより

Comments

多拿花
昔のカウンターは、検索エンジンからのアクセスなんかもカウントしていたみたいです。
今は純粋なアクセス数だけですが、100を越えられないみたいです。

まずはBLOGの題名とスキンを変えたいのですが、なかなか時間がなくてできません。

今後も末永く愛読下さい。
2009/04/02 06:19 PM
お気楽泰像
昨年の3月から一年以上経ちましたが、アクセス数が以前より落ちましたね。でも続けてください。楽しみにしてますのでお願いしますよ!
2009/04/02 05:23 PM

Comment Form

Trackbacks

紅茶
紅茶の分類方法に等級(グレード)というものがあります。等級と聞くと、紅茶の味や香り、品質などによる分類と思われがちですが、品質には全く関係なく、茶葉の大きさや形よって分類されています。
紅茶 | 2009/04/01 07:51 AM