中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

烏来(ウーライ)

昨日、台北からほど近い温泉街の一つである烏来(ウーライ)に初めて行ってきました。

冬にもかかわらず、昨日はやたら温かかったので、地下鉄とバスで乗り継いでふらりと行ってきました。

以前北投温泉に行ったことがありましたが、自分で温泉街に出かけるのはこれが2回目です。
また、先週の営業合宿に続いて、2週続けての温泉となりました。

赴任後やたら忙しかったですが、12月になってすっかりふぬけ退屈状態でリラックスモードになっていまいました。そんなわけでこの半年の疲労を回復するため温泉に行った次第です。


自分の話はさておき、烏来の湯は、先週行った陽明山の温泉と全然違って、ほとんど臭いもなく透明のお湯でした。上がった後は肌がつるつるすべすべになり、冬になると悩まされるがさがさやあかぎれはすっかりとなくなっていました。
ただ、肩凝りは相変わらずこりこりしており、まだもう少し温泉療養が必要かもしれません(あるいはマッサージ・整体・針なんかの方が良いのかもしれません)。

帰りは台北市内行きの直行バスに乗り、1時間弱で帰宅。こんなに近くに名湯があったとは新たな発見でした。

これからは、肩凝りになる前に療養しに行きたいと思いました。

Comments

Comment Form

Trackbacks