中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

会社を退職して戻ってくるシニア達

上海おやじ列伝では、私の知人を中心にレポートをまとめておりましたが、少し間口を広げて、上海で伝聞したおやじ達の伝説をまとめてみたいと思います。

具体的にだれ?と特定できない話もありますので、適当に聞き流して下さい。

まず第一回目ですが、このパターンはよくあります。
簡単です。50歳前後で上海単身赴任となり、それまでうだつの上がらなかったおやじがいきなり上海の会社で昇進し、飲み屋でもモテモテとなった為、日本に帰りたくなくなったおやじの末路は、
  早期退職
   ↓
  退職金で2ndキャリアを開発するということで家族を説得&脱出
   ↓
  上海で一旗揚げるべく、小姐の飲み屋(日本料理屋)に出資
   ↓
  半年でオケラ
   ↓
  小姐に捨てられる
   ↓
  それでもしがみついて頑張るも、VISA切れ
   ↓
  傷心の帰国
という必敗パターンです。

もちろん、退職金の使い道や小姐との関係をうまくコントロールした方で成功されている方も多いですが、大体定年間近で上海に放り出されてくるようなおやじにろくなのはいません。

魔都上海にはこのような敗北者が沢山います。

Comments

田中です。
TMさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
シリーズになるほどネタが揃うか分かりませんが、いろいろと情報収集中です。

ではまた!
2005/05/30 08:13 AM
TM
田中さん、こんにちは。
上海おやじ列伝(おやじ伝説)、オモシロそうですね。このシリーズを期待しています。
2005/05/29 11:41 PM

Comment Form

Trackbacks