中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

出てきます、いろいろな事件が

昨晩、あれだけ感動的な歴史に残る開幕式を終えたばかりの北京ですが、皆さんテンションが上がっているのでしょうか?

一般的に言って海外に出たことのない中国人は確かにだらしない所はありますが、でも外国人(厳密には西洋人ですかね)に対しては危害を加えたりすることはほとんどなかったと思います。

でもこんな事件が起きるとは。会場の興奮をそのまま外に持ち出さないでもらいたいものです。
北京観光の米国人旅行者、中国人に襲われ1人死亡 五輪警備に衝撃
2008.8.9 18:18 msn産経ニュースより

【北京=矢板明夫】中国国営の新華社通信によると、北京五輪が開幕したばかりの北京市中心部で9日、米国人観光客のグループが中国人の男に襲われ、米国人男性1人が死亡、米国人女性と中国人女性の計2人が負傷した。

現場は北京市北部の繁華街、東城区の観光地名所「鼓楼」で、中国人の男が9日午後12時20分ごろ、米国人2人と、中国人女性ガイド1人のグループを襲撃した。男は刃物のようなものを持っていたという。

男は中国東部、浙江省杭州市出身の唐永明容疑者(47)で、犯行後、鼓楼から飛び降りて死亡した。犯行の詳しい動機などはわかっていない。

北京五輪も開幕したばかりで、五輪期間中は約45万人の外国人観光客が北京を訪れると予想されている。警備が厳重な北京市中心部で白昼、外国人が殺害され、衝撃が広がっている。



ニュージーランドのTV解説者襲われる、北京で男がいす投げつけ
2008.8.9 21:24 msn産経ニュースより

国営テレビ、テレビ・ニュージーランドによると、北京五輪取材に当たっている同局の男性スポーツ解説者が8日午後10時ごろ、滞在先の北京のホテル近くで若い男に壊れたいすを投げ付けられ、手首や腕に軽いけがを負った。中国当局が捜査しているという。

男性が食事を終えてホテルに戻る途中、立ち小便をしていた若い男がいすを持ち上げ追いかけて来て投げつけた。同局は解説者と男との間でトラブルがあったかどうかについては伝えていない。

現場は同局のクルーが宿泊するホテルから100メートルの所だった。(共同)

このような事件はまれなケースだとは思いますが、興奮状態に陥った中国人集団は怖いですから、競技場で大きな事件にならないことを、安全な台北から祈るばかりです。

Comments

Comment Form

Trackbacks