中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

大馬鹿、ガードが甘い!

4年ぶりの再会で楽しい一時を過ごしたBさんは、二晩続けて遊びに行きました。
見て下さい!このにやけた顔(右側です)。
B003
4年前もこのにやけ顔から家庭崩壊が始まりました。

上海で新たなスイートメモリーを探している大馬鹿は、この店では飽きたらず、3次会、さらには4次会に繰り出し、明け方4:30にホテルに戻ったそうです。

こんな遅くまで飲み歩くのは、北海道の中馬鹿以来と、現地関係者から呆れられています。

しかもわざわざ準備した500ドルも二日にしてほぼ遣い終わったようです。さすがです。

そして、浮かれきったためかガードが甘く、このような写真を簡単に撮らせてくれます。これが大馬鹿を再び家庭崩壊に導くかもしれない爆弾写真になりそうです。
B004


最後に、中国ではプレイボーイのように遊ぶ様を「花」と呼びます。
大馬鹿は、まるでヘビの妖怪の様に、夜の上海をくねくね徘徊しております。まさに花妖蛇です。

Comments

Comment Form

Trackbacks