中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

大馬鹿、感動

大馬鹿ことBさん、スイートメモリー上海二日目です。

昨晩は4年半ぶりの上海の夜をすっかり堪能したBさん。
この4年という月日はあっという間にすぎさりましたが、決して短い時間ではありません。
4年と言えば、大学1年生だった人が社会人になります。
新入社員でも5年目を迎え、26?7歳と立派な青年になるだけの歳月です。
そして、スイートメモリーの様に、忘却の彼方に消えていく人も沢山います。

そんな長い歳月ですが、大馬鹿の回りには4年前の友達が沢山残っていました。
中山北路803号で一緒に働いた張さん、淮海中路755や神田焼き肉・栄二号店で一緒に騒いだアホ干(かん)、みんな大馬鹿を覚えており(花屋に投資したことも?)、大歓迎!ではなく大爆笑でした。

こんな感じで、心暖かい中国朋友に囲まれ喜んでいます(左が満面の笑みの大馬鹿)
B001

B002

最近の反日デモ等で中国って言うのはなかなか怖いイメージをお持ちの方もいると思いますが、実はみんな取っても優しいんですよ。

この日はとっても良い思い出が出来ました。

つづく

Comments

Comment Form

Trackbacks