中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

台湾鉄道(1)

一昨日から台北はものすごく暑くなっています。雨も降らないので、どんどん気温が上がっております。

台北市には、東京のようにヒートアイランド現象があるのかどうかわかりませんが、東京で最も暑い日よりもさらに暑く感じます。

そんな暑い中、赴任して初めて(赴任前の出張期間も含めて)郊外の観光地に足を延ばしてみました。

まずは出発点となる台北駅から紹介したいと思います。
まず地下鉄で台北駅(台北車站)に向かいますが、地下鉄の駅改札を出るとすぐに
台北駅1

新幹線(台湾高鉄)の切符売り場があります。
台北駅2

そのすぐ横に、台湾鉄道(台湾鉄路局)の切符売り場と改札があります。
台北駅3

新幹線乗り場はさらに地下になりますが、地下鉄・在来線・新幹線の切符売場・改札がこのように隣接していて、乗り換えが非常に便利です。

でも、それぞれ独自の発券・改札システムを使っているので、切符の買い方も自動改札機も全部違います。新幹線や在来線の切符を初めて買う人にはちょっと難しいかも知れません。

私自身は、在来線に乗るのは約15年ぶりになります。一人で乗るのはもちろん初めてですので、全くわかりませんでした。切符を買うまで10分以上かかってしまいましたし、買った切符に「無座」なんて書かれていましたので、ちょっとおっかなびっくりでした。(つづく)

Comments

Comment Form

Trackbacks