中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

金庸(香港の作家)

我々日本人は中学高校を通じて、中国の歴史や文学を勉強します。遠くは李白・杜甫等、近代では魯迅の作品を勉強し、卒業後も覚えている方がいると思いますが、それ以外の作家を思い出せる人はそれほどいないと思います。

少し中国近現代史を勉強したことのある人なら、郭沫若、老舎、巴金等はご存じと思いますけど、日本でも知られている中国人作家はほとんど皆無でしょう。
私も全然97年ぐらいまで知らなかったんですが、世界中の中国人が知っているという大作家がいます。それが金庸(きん・よう)先生です。
こちらのサイトなんかが詳しいと思います。

    



私も7~8年前に日本語訳の作品を読みましたが、これがなかなか面白かったです。翻訳は決して名文とは言い難いものですが、それでも面白い!

最近になって、昔読んだ侠客行(きょうかくこう)という本が本箱の中から出てきたので読み返しています。また最近は文庫本も多数発刊されているので、入手しやすくなりました。

漢字ばかりでやたら政治色が強いと思われる中国文学界にも、こんなに面白い作家がいることを紹介させて頂きました。

Comments

Comment Form

Trackbacks