中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

台湾高鉄、開業一年!

開業前・開業直後といろいろと問題がありましたが、開業して一年が経ちました。その間大きなトラブルもなく、非常に順調に発展してきています。

どちらかと言えば時間には無頓着な台湾で、時間通りに出発し、時間通りに到着するのは、まさに予想外の出来映えです。

また当初はフランス人運転士だけだったのが、台湾人運転士も育ってきており、いよいよ本格普及期に入った様です。
台湾新幹線、開業1年 交通地図塗り替える
2008.1.4 18:48 msn産経ニュースより

【台北=長谷川周人】日本の新幹線技術を海外で初採用した台湾高速鉄道(台湾新幹線)が開業し、5日で1周年を迎える。昨年末までの累積乗客数は1555万人に達するなど、台湾西部全域で「1日生活圏」を実現した高速鉄道は人の流れを変え、台湾の交通地図を大きく塗り替え始めた。

台北-高雄間(345キロ)を最短90分で結ぶ高速鉄道は、三井物産や川崎重工業など7社の日本企業連合が基幹部分を請け負い、車両は東海道・山陽新幹線の700系のぞみをベースにした12両編成を導入。営業は延期に次ぐ延期となり、安全面で不安を残したまま開業を迎えたが、昨年11月からは自由席も導入され、平均利用者は1日約4万3000人にまで増えた。

運転本数も増え続けており、19往復にとどまった開業当初に対し、今月18日のダイヤ改正では週末が1日60往復に増便される。事業主体となる台湾高速鉄路によると、帰省客が急増する2月の春節(旧正月)連休中は、最大63往復にまで輸送力を強化するという。

事業計画の88往復を大幅に下回っており、なお多くの課題を残しているが、当局は昨年11月、駅周辺に研究機関などを誘致する新たな開発コンセプトを発表。存在感を増す高速鉄道は、低迷する地域経済の活性化を促しそうだ。一方、高速鉄道の開通で航空4社が運行するローカル便の利用率がほぼ半減。長距離バスも巻き込み、競合各社の間で生存競争が激化している。

台湾高鉄

上記以外に大きな課題は、高鉄駅から町中へのアクセスが挙げられます。
先般新竹に行きましたが、台北→新竹が200元弱(自由席)に対して、新竹駅から町中のオフィスまでタクシーで300元でした。台湾高鉄の本格普及には、駅と町中のアクセスの改善、駅周辺の開発が必要だと思います。

しかし、1年でここまで発展したんですから、あっという間に解決することと思います。

Comments

ロレックススーパーコピー
N級コピー
業界最大級のスーパーコピーブランド(N級品)激安通販専門店!
世の中のほとんどの ブランドコピー品はココで揃います。
偽物の時計、バッグ、財布など激安で買える!
弊社はルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、ロレックス、
オメガなどブランドショップ です。
ブランドスーパーコピー専門店、全国送料無料!
2019/05/16 12:39 AM

Comment Form

Trackbacks