中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

偽物輸出

騙す方が悪いのか、騙される方が悪いのか、中国関係にはこんな事件が多いですよね。

中国政府及びその関係者との付き合いは気をつけないと行けないです。それと政府関係者とか政府高官の親戚だとかいう輩にも気をつけましょう。
<偽>「その兵馬俑は違法なニセモノ」!?中国側の発表に困惑する展示会関係者―独ハンブルク
12月13日11時28分配信 Record China

2007年12月12日、ドイツで現在展示公開されている兵馬俑は違法なニセモノ―このニュースをドイツ通信社(DPA)が報道。ドイツ国内に波紋が広がっている。「人民日報」の国際版「環球時報」が伝えた。

先月11月27日からハンブルク民族博物館で一般公開されている「秦始皇帝兵馬俑展」。展示会の目玉である8体の兵馬俑はニセモノだと、関係者が先週告発して騒ぎとなった。この関係者は03年にライプチヒで開催された「兵馬俑展」にもかかわっており、当時の展示物もニセモノの可能性がある。

この告発にドイツ通信社が中国の北京と陝西省西安市の文物管理当局に確認をとったところ、ドイツでの兵馬俑展開催を許可したこともなければ、兵馬俑の国外持ち出し許可を出した事実もないとの答え。さらに、陝西省文物局の担当者は、「少数であろうと複製品であろうと、兵馬俑の展示に関してはすべて当文物局の許可が必要」と話し、ドイツの展示品は違法な複製品である疑いが濃厚となった。近日中に中国から専門家が派遣され、疑惑の兵馬俑を調査。ニセモノと断定されれば、この兵馬俑を貸し出したドイツの「中国文化芸術センター」を訴えるとハンブルグ民族博物館は話している。(翻訳・編集/本郷智子)

そういえば、中国との付き合いを知らない会社が思いっきり騙された事件もありましたが、近いうちに北京オリンピックに関係した詐欺事件がまたま起こりそうな気がします。

Comments

ブランド財布コピー
スーパコピー通販専門店
当店はいろいろな高品質ブランドコピー品をそろっているブランドコピー専門店です。
業内ブランドコピールイヴィトン専門店を目指し、
品質第一、信用第一、ユーザー第一の原則を守り
心地よい親切で最高のインターネットサービス、
最高品質商品を低価格で ご提供することです
2019/05/15 10:29 PM

Comment Form

Trackbacks