中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

ブテチゲ

久しぶりのソウルだったんですが、ちょっと食べてみたいと思っていた料理がありました。

今上映しているHEROを見た人ならピンとくるかも知れませんが、チョングッチャンという鍋料理です。
到着したその夜、早速街に繰り出したものの、料理の名前が出てきません。赤い色の鍋料理だったので、チゲ鍋の一種だと思い、鍋料理店に行ったんですが、結局名前が思い出せず、ありつけませんでした。
で、かわりにブテチゲという鍋を食べてきました。

ブテチゲのブテとは部隊のことで、アメリカ軍のことだそうですが、韓国の伝統的なチゲ鍋に、アメリカ軍が持ち込んだソーセージを入れたのが始まりだそうです。
これに、アジアを席巻している韓国発・辛ラーメンを鍋に入れて、煮込みます。

辛みそに、ソーセージにインスタントラーメンという何ともいえない組み合わせで驚いたんですが、結構おいしいのにも驚きました。
部隊チゲ
二人分で、1200円也。日本ではなかなかお目にかかることができない料理の様です。

で、肝心のチョングッジャンですが、後で名前を調べて韓国人に聞いてみたところ、ものすごく臭いらしいです。あまりにも臭いので、韓国の一般家庭ではチョングッジャンを作らないそうです。

日本語名は納豆鍋と訳されているそうなんですが、中国の「臭豆腐」を煮込んだような鍋なんでしょうかね?
食べてみたい気もしますが、臭豆腐に近いにおいがするかと思うと、やっぱり遠慮しておきます。

Comments

Comment Form

Trackbacks