中国で見つけたガラクタ 第二章

1986年中国初上陸以降、中国や台湾で発見した「ガラクタ」の様な出来事を紹介するBLOGの第二章です。

7-11北京

昨晩、ようやく帰国しました。今回は13日とちょっと長めの出張で、台北・広州・北京・南京と回ってきましたが、もうくたくたです。

さて、台湾の7-11には比べられないほど数は少ないですが、北京にも7-11が進出してきています。

広い北京市の中でもいくつかの区にだけ出店許可されているのと、フランチャイズがまだ十分に認知されていないため、普段の出張期間中はほとんど見かけることはありません。
北京の7-11
早速店内をのぞいてみましたが、日本や台湾の7-11とは雰囲気が違います。ものを売らして頂いている、というより、売ってやるみたいな昔ながらの北京の空気が感じられました。

店内のレイアウトは台湾と何となく似ていますが、売っているものが全然違っています。欲しい!食べたい!買いたい!と思うものがあまりありません。なんか購買意欲がわきません。

台湾7-11との共通点で、私にとってもありがたいことは、おにぎりが売っている、ベビースターラーメンがある、おでんがおいてある、くらいでしょうかね?

7-11北京が北京に根付くまでもう少し時間がかかるようなそんな気がしました。

Comments

Comment Form

Trackbacks